小陰唇肥大はクリニックで改善しよう|デリケートな悩みは医師に相談

意外な黒ずみの原因

お尻

小陰唇の黒ずみは意外にも肥大していることが原因で引き起こされているかもしれません。小陰唇が大きすぎると下着と擦れる部分が広くなるため、黒ずみやすくなります。このような状態を改善したいなら、切除しない手術を受けましょう。

もっと見る

小陰唇の手術

ウーマン

女性に多いデリケートゾーンのトラブルは、生活に支障が出ない限り放置してしまいがちです。そのトラブルの一つに、小陰唇肥大が挙げられます。小陰唇とは大陰唇にそって小さくついたひだ状の皮膚のことで、股を大きく開かない限り目立たないものです。しかし、女性によっては、この小陰唇が肥大していることがあり、下着が小陰唇に当たって痛いというトラブルが起こる可能性があります。また、小陰唇の大きさによっては、性行為を行う時に痛みを伴うこともあります。このような状態を治したいのなら、婦人科形成を得意とするクリニックを受診する必要があります。

一般的にデリケートゾーンのトラブルは婦人科で診てもらうイメージがありますが、小陰唇肥大は病気ではありません。改善したい場合には、整形クリニックなどを利用して小陰唇を小さく整形する必要があります。最初に医師とカウンセリングを行ない、患者の希望に合った小陰唇のサイズを決めていきます。ひだの大きさを調整するだけでなく、形や暑さも考慮してもらえるので、希望に合わせて整えてくれるでしょう。デリケート部分にメスを入れることが心配な方もいますが、出血量を抑えながらキレイに縫合してくれるため、傷跡が目立たないようになります。手術時間は早くて1時間ほどで終わるため、入院せずに手術を受けられる所もあります。このような手術方法がメジャーになっていますが、クリニックによっては別の手術方法で小陰唇を縮小することがあるので確認しておきましょう。

カウンセリングが大事

女の人

大阪で小陰唇の縮小を受ける場合には、カウンセリングでしっかり相談しておくことが必要です。最近では、恥ずかしい悩みでも相談できるように女医のいるクリニックが多くなっています。

もっと見る

手術の費用

悩むレディー

小陰唇の縮小手術を受ける時に気になることには、手術費用が挙げられます。手術方法や手術箇所によって値段が異なるので、事前に確認しておくと良いでしょう。また、クリニックの中にはモニターを募集している所もあるので、安く利用できるでしょう。

もっと見る